キャプテンバナー
キャプテン名言集!TOP
ボールキャプテン ちばあきお先生の名作野球漫画『キャプテン』『プレイボール』の名言集です!
キャプテン』は、「野球漫画」というだけのものではなく、私に大きな影響を与えてくれました。野球ファンなら誰もがご存知であり、イチロー選手はじめプロ野球選手にもファンが多い名作です。
キャプテン』のセリフは、人生に力と感動を与えてくれる名言が多数ありますので、紹介いたします。
2008年07月26日

映画「キャプテン」公開記念!室賀監督のコメント

ボールキャプテン「映画「キャプテン」公開時の室賀監督のコメントです。」



ボールキャプテン <『キャプテン』実写化に寄せて>
  監督 室賀厚

私にとって「キャプテン」は余りにも思い出が深過ぎる。何せガキの頃初めてハマった漫画であり、なけなしの小遣いで唯一コミックスを全巻揃えたのが「キャプテン」だ(「ドラえもん」も集めていたが巻数が多すぎて挫折した)。その実写版映画の監督をする事になろうとは、ぶっちゃけ夢にも思わなかった。胸が高鳴ったと同時に、恐怖も覚えた。実写化というのはアニメ化とは違い、ある意味ファンにとっては冒涜的な行為とも言える。漫画と実写は当然“違うモノ”だからだ。私もそのファンの一人だ。でも、映画監督という暖簾をさげている以上、逃げるわけには行かなかった。この冒涜的行為にも正面から挑もうと腹をくくった。見た目が違ってもハートだけは同じ物を作る、この決心が今回の映画の第一歩だったんだ。

「キャプテン」が描くのは中学野球だ。これがなかなか手強い。「めざせ甲子園」を掲げる高校野球でもなければ、「がんばれベアーズ」のような少年野球とも違う。この微妙なところが「キャプテン」の世界だ。そのくせ驚いてしまうのは、原作の試合描写は高校野球を軽く超越しプロ野球の域に達するほどの綿密さなのだ。しかも実際の中学野球の試合は七回までしかないが、「キャプテン」の試合はきっちり九回まである。もしかしたら原作者のちば先生は現実の中学野球というよりも、中学生という少年たちによる“本物の”野球を描こうとしていたのではないだろうか? 確か原作には選手たちの乱闘場面もあったと記憶する。この制限を取っ払った“マジな野球”こそが、「キャプテン」の醍醐味なのだ。脚本を作る上で、その辺も十分に受け継がなければならないと肝に銘じたんだ。

登場する少年たちはすべてオーディションによりキャスティングした。プロ、アマ問わず、広く公募した。だがそのオーディションは難航を極めた。最大の原因は私だった。どうしても原作の一ファンである自分から脱却出来ないのだ。面接会場に原作本を持ち込んでみても、谷口タカオと同じ顔の少年が現れるわけがない。丸井にしてもイガラシしても同じだ。だが私だけじゃない、オーディションに参加したスタッフのほとんどが同じ症状に見舞われていた。その男が現れるまでは…。

布施紀行。正直、出演者の中で最も演技がヘタクソだ。だがヤツを見た時、そこに居た誰もが「谷口だ」と思った。丸坊主だという以外は漫画のそれと特に似ているわけじゃない。だが、恥じらいながらも必死に演技しようとする姿や、ユニフォームを着て野球に取り組むそのひた向きさは、まさに谷口タカオそのものだった。私の頭の中で漫画が実写となって動き出した瞬間だった。この布施との出会いが私にとって本当の意味での“実写版「キャプテン」”の幕開けとなったのだ。さあ主役が決まればこっちのもンだ、あとは楽勝…とは残念ながら行かなかった。丸井、イガラシ、そして佐野と、思い入れのあるキャラが山ほど居るのだ。これだけは言える。今回のオーディションはハンパじゃなく苦しかった

撮影は全て栃木県の宇都宮で行なわれた。私は今回ほど市民の方々の暖かい協力のもとで撮影を行なったことがない。確かにこれまでは人相の悪い俳優陣を引き連れ、人殺しの映画ばかり撮っていたので当然と言や当然だが、それを差し引いても余りある程の素晴らしい時間を過ごさせてもらった。この場をお借りして、宇都宮の皆様には感謝したい。

撮影が始まり、初めて墨谷二中ナインが揃いのユニフォームを着て勢揃いした時、私は「なんと弱そうなチームなんだ」と思わず笑ってしまったんだ。だが同時に、スタートに相応しい小さな光を感じ取っていた。お世辞にもカッコいいとは言えないこのチームがクライマックスで名門青葉学院と対決する。弱者が努力と心意気で強敵に挑むという図式、これぞ映画じゃないか。私の大好きなアメリカ映画の形にぴったりだ。

試合シーンの撮影は、慣れ親しんだ拳銃によるアクションシーンと同じアプローチをした。コンテを描き、細かくショットを割リ込んだ。もっといい方法があったのかもしれないが、私にはそれしか考えつかなかったんだ。しかも、試合のシーンは観客のエキストラが中心の撮影となる。皆ボランティアで集まってくれた方々なので優先されて当然だ。最も多くのエキストラが集まる日に、それに合わせたショットを撮らなければならない。従って撮影は一回の表から順番に撮って行ったわけじゃない。少年達にはとてもストレスのたまる撮影だったに違いない、かと思いきや、ヤツらはそんな事はまったく気にしていなかった。ストレスどころか、観客の前でプレーするのを楽しんでいるようだ。ッたく、大したもんだ。

こうやって出来上がった実写版の「キャプテン」、私たちの思いは一つ、一人でも多くの方に観て頂きたいという事。ガキだと思って侮っちゃいけない。コイツらかなりヤバイっすから。

[映画『キャプテン』公式サイト より]
----------------------------------------
◆この原稿を見て、作品としての感想はどうあれ、「作品に対する理解のある良い監督に撮ってもらった」と言えるでしょう。

スポンサードリンク
キャプテン名言集キャプテン名言集 キャプテン名言集
【新刊】 プレイボール (1-11巻 全巻) 【新刊】キャプテン[文庫版](1-15巻 全巻)
キャプテン名言集! キャプテン名言集!  キャプテン名言集 キャプテン名言集
フットサルSNSおもしろサッカーアルゼンチン
キャプテン名言集!TOP
posted by キャプテン名言集 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・情報【キャプテン関連】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103653164

この記事へのトラックバック
キャプテン名言集!特集コラム・おすすめ名言
キャプテン名言集ボールキャプテン「君は何かができる」カバー(ラップなし)×名言つき

キャプテン名言集ボールキャプテン名言集!コラムその1:『やるだけやったのか?』
キャプテン名言集ボール素質・才能(谷口)
キャプテン名言集ボールキャプテン名言集!コラムその2:『努力』
キャプテン名言集ボール負ける?(谷口)
キャプテン名言集ボールおれには…(イガラシ)
キャプテン名言集ボールキャプテンをバカにするな!(丸井)
キャプテン名言集ボールあれなんだな(丸井)
キャプテン名言集ボールファンが観た映画「キャプテン」批評
大正野球娘キャプテン。白黒.gif
キャプテン名言集ボール『大正野球娘キャプテン。』[キャプテン×大正野球娘。]
谷口キャプテンのピッチング谷口サードキャプテン