キャプテンバナー
キャプテン名言集!TOP
ボールキャプテン ちばあきお先生の名作野球漫画『キャプテン』『プレイボール』の名言集です!
キャプテン』は、「野球漫画」というだけのものではなく、私に大きな影響を与えてくれました。野球ファンなら誰もがご存知であり、イチロー選手はじめプロ野球選手にもファンが多い名作です。
キャプテン』のセリフは、人生に力と感動を与えてくれる名言が多数ありますので、紹介いたします。
2008年07月27日

マニアが観た映画「キャプテン」の批評!

ボールキャプテン「“キャプテン”のファン(マニア)の視点から観た映画「キャプテン」の批評です!」



ボールキャプテン漫画「キャプテン」マニアの私が実写映画を解説。
【評価】★★★★★★★★☆☆(8点)

ボールキャプテン2008年2月20日、2007年夏に公開された室賀厚監督の実写映画「キャプテン」のDVDが発売され、私は購入し、鑑賞しました。
ここでまず自己紹介させていただきますが、私は全ての漫画作品の中で「キャプテン」が最も好きな作品であり、小学生時代に読んでから25年以上のファンであり、人生、人格形成においても多く影響されております。
最近では『キャプテン名言集』http://blog.livedoor.jp/taniguchitakao/ というブログを立ち上げ、「キャプテン」の素晴らしい名言を紹介しています。 そんな「キャプテン」マニアの私が実写映画を観た感想と解説、不満を述べさせていただきます。


【キャスティング】
この映画で最も素晴らしかったのがキャスティングでした。

中でも主役の谷口タカオ、そして準主役の丸井、イガラシという3人の役者が、演技、容姿ともに漫画とアニメのイメージそのままで、満足でき、感動しました。
谷口タカオの基本的に恥ずかしがりやで気が小さい性格と、次第にキャプテンとして成長し、みんなを引っ張っていくところを布施紀行が見事に演じていました。
欲を言えば、谷口タカオの「とにかく、ただ野球が好きで、自分がのめりこんでいく」という所を表現できれば、と思いました。
丸井役の小川拓哉も、丸井のおしゃべりで強気な部分を上手く演じていました。
鼻をこするクセや一部のセリフ自然ではなかったのですが、これは演出の問題だと思います。
そして最もハマリ役だったのがイガラシでした。演じた中西健はイガラシそっくりの容姿や表情、またセリフの言い方も上手く、見事な存在感を出していました。


【雰囲気】
漫画作品は1972年開始、アニメは1980年開始なので、今と状況が違う中、舞台を現在に移し、違和感が無いように作り上げたのは見事です。
谷口さんが特訓をする場所が原作と同じ「神社」だった事はマニアとして非常に嬉しく思いました。また、それだけではなく、谷口さん家族が裕福ではない描写もよく描かれていて、例えばトスバッティングをするのにネットではなく布団を使っているなど、工夫が見られました。
そして、それと対照的に、決勝で戦う青葉学院の練習場が設備の整った室内練習場というように、両者の差がきちんと描かれていました。


【音楽/主題歌】
主題歌はアニメのOP「君は何かができる」(作詞:山上路夫/作曲・編曲:木森敏之)にしていただきたかった。
今回は挿入歌としての使用にとどまってしまいました。これは非常に残念であり、大きな不満です。
マニアとしては、曲自体を99Harmonyの歌っていた当時のものを使用していただきたかったのですが、それは商業的に難しいでしょうね・・。


【ストーリー】
これは本当に残念でした。脚本については多数の不満があります。
大筋のながれは原作に沿っており、原作を踏まえて製作されたのがよく解ります。それだけに残念でした。
一番大きな点は、この「キャプテン・谷口編」が未完なところです。
実写映画では、墨谷ニ中と青葉学院が決勝戦で戦って終わりとなっています。
ですが原作は、そのあと青葉学院の不正とも言えるミスが問題となり、再試合が決定します。そしてあきらめムードの墨谷ナインを谷口さんがひっぱり再び猛特訓。再試合は壮絶な戦いとなり、見事勝利し全国優勝を果たして終わりとなります。
実は谷口さんがつめを剥がす(指も骨折)エピソードはこの再試合の中で起きたことです。
おそらく製作側の都合で時間が決まってしまった中ではしょってしまったのでしょうが、これでは様々な名場面名セリフがカットされてしまうし、試合までのナインの努力やさまざまなドラマが描ききれず、物語が薄くなってしまいます。

劇場版アニメも、かなりはしょっていましたが、きちんと再試合まで描いており、名場面はカットされていませんでした。しかしこれは2時間近く時間がありました。
実写版は90分程度の時間でした。
この「キャプテン・谷口編」は、90分程度で描くのは無理があると思います。


【一般向けに】
漫画原作をご存知無い方に説明させていただきますと、「野球映画の傑作」で、「さわやかな感動を呼ぶ青春映画」だと言えます。
私は“過剰な”マニアなので、原作を思い出しながら鑑賞し、映画の始まりから終わりまで終始涙をにじませながらの鑑賞でしたが、何の予備知識なしでも、原作の素晴らしいストーリーと、少年たちの描写で、感動させられる映画だと思います。
もともと、原作ファンでない人に向けて作られていますので、この映画のメッセージが多少ずれています。原作では「とにかく野球が好きで、ひたすらがんばる」という雰囲気が「一生懸命がんばって、楽しもう!」というふうに、野球ではないものに置き換えて観られるように作ってありますので、野球に興味のない方も十分楽しめると思います。

最後に、やはり「キャプテン」マニアとしては、多くの不満があります。しかしそれよりも「もったいない」という気持ちのほうが多くあります。
原作にはもっと多くの感動場面や素晴らしいセリフがあります。
それらを(いろいろな都合もあるでしょうが)描ききれていません。
映画製作ド素人の私が言うのは恐縮ですが、『もっといい物を作れた』と思います。
映画「キャプテン2」があるかどうかはわかりませんが、その時はぜひ製作に関わらせていただきたいと思いました。

スポンサードリンク
キャプテン名言集キャプテン名言集 キャプテン名言集
【新刊】 プレイボール (1-11巻 全巻) 【新刊】キャプテン[文庫版](1-15巻 全巻)
キャプテン名言集! キャプテン名言集!  キャプテン名言集 キャプテン名言集
フットサルSNSおもしろサッカーアルゼンチン
キャプテン名言集!TOP
posted by キャプテン名言集 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム【キャプテン名言】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103653496

この記事へのトラックバック
キャプテン名言集!特集コラム・おすすめ名言
キャプテン名言集ボールキャプテン「君は何かができる」カバー(ラップなし)×名言つき

キャプテン名言集ボールキャプテン名言集!コラムその1:『やるだけやったのか?』
キャプテン名言集ボール素質・才能(谷口)
キャプテン名言集ボールキャプテン名言集!コラムその2:『努力』
キャプテン名言集ボール負ける?(谷口)
キャプテン名言集ボールおれには…(イガラシ)
キャプテン名言集ボールキャプテンをバカにするな!(丸井)
キャプテン名言集ボールあれなんだな(丸井)
キャプテン名言集ボールファンが観た映画「キャプテン」批評
大正野球娘キャプテン。白黒.gif
キャプテン名言集ボール『大正野球娘キャプテン。』[キャプテン×大正野球娘。]
谷口キャプテンのピッチング谷口サードキャプテン